実装されている機能

マーケティングオートメーションツールを使用すれば、それぞれのリードの訪問履歴を記録し、行動履歴から各リードの潜在的なニーズを推測することが可能になります。MAを導入し、しっかりと使い込んでそれらのメリットを得れば、企業のマーケティング活動は売り上げに貢献するはずです。

かつて、企業がマーケティング活動を行なうためには、メール配信やウェブ解析、登録フォームなど、それぞれを別個に使用する必要がありました。その後登場したマーケティングオートメーションのツールでは、メール配信やフォーム、キャンペーン管理、マーケティング分析、ウェブ解析、リードの行動分析など、企業のマーケティングに必要となるほとんどの機能が搭載されています。

一口に「マーケティングオートメーション」と言っても、その機能は、提供元の会社によって違いがあります。そのような状況の中で、それぞれの企業は、ターゲットとする顧客層や自社のポジショニングに応じて、適切なツールを選択する必要があります。ただし、メール配信やランディングページ、フォーム、リードを獲得するための分析、スコアリング、リード管理、キャンペーン管理、マーケティング分析などは、ほとんどのツールに実装されている機能です。

MAの概要と特徴

企業がマーケティングオートメーションツールを利用すれば、電子メールやソーシャル・ネットワーキング・サービス、ウェブサイトなどによって、従来よりも効果的に、効率良くマーケティング活動を行なうことが可能になります。マーケティングオートメーションのタイプとしては、従来、それぞれの企業のサーバーにアプリケーションをインストールするというソフトウェア型が選択されていました。しかしながら、最近になって、市場では、クラウド型のマーケティングオートメーションを多く目にするようになりました。

マーケティングオートメーションを導入すると、企業のマーケティング業務がワークフロー化し、必要に応じて自動化することが可能となります。そのように、マーケティング業務の一部を自動化すると、ヒューマンエラーが減少し、作業の精度が高くなるというメリットがあります。また、マーケティング業務がスムーズに、スピーディーになるため、当該セクションの生産性が向上するという利点も存在します。さらに、MAのツールは、メール配信とウェブ解析の機能が搭載されているほか、リード管理データベースを利用することが可能で、各リードの訪問履歴の記録、潜在ニーズの把握のために役立ちます。

マーケティングオートメーションの導入

最近になって、巷では、「マーケティングオートメーション」という言葉を耳にするようになりました。こちらは、元来、アメリカのベンチャー系企業によってつくり出された用語で、現在では、開発元の企業がわが国へも進出して来ています。日本では、「Marketing Automation」の頭文字を取った略称である「MA」という言葉が使われることもあります。メール配信やウェブ解析、登録フォームなどのツールは、以前であればそれぞれ別個のものとして存在していましたが、MAの登場により、それらのほぼ全ての機能を1つのソフトウェアで利用することができるようになりました。

メールやソーシャルメディア、ウェブなどの利用によって、企業のマーケティング活動をより効果的・効率的にすることが、マーケティングオートメーションの果たすべき役割です。従来は、各企業のサーバーにアプリケーションをインストールする方法が選択されていましたが、昨今では、クラウド型のものが主流となっています。MAを導入すれば、マーケティング業務の一部を自動化し、ヒューマンエラーが減り、正確な作業を行なうことが可能です。また、業務が円滑に、迅速になり、生産性の向上にも貢献します。そして、リードのアクセス履歴から、潜在ニーズを割り出すことができるのもメリットと言えます。

このカテゴリーでは、マーケティングオートメーションの導入に関するお役立ち情報をお届けします。これからMAの導入をお考えの方は、是非参考にしてみて下さい。